会社設立サポート

面倒な手続き一切お引き受けします!
株式会社、合同会社、NPO法人などの設立、
その後の許認可等まで任せて安心!

会社設立にかかる費用

会社設立費用 68,000円~ 電子定款認証で印紙代が4万円節約!実質 28,000円!(Eメールのみによる対応の場合)

ご自身による手続きの場合 当事務所に依頼した場合
(Eメールのみの対応)
当事務所に依頼した場合
(面談による対応)
登録免許税 15万円 15万円 15万円
定款認証手数料 5万円 5万円 5万円
印紙代 4万円 0円 0円
当事務所手数料 0円 6万8千円 10万円
合  計 24万円 26万8千円 30万円
  • * 登録免許税の額は、資本金の額の1000分の7が、15万円のとぢらか高い方になります。(資本金の額が2000万円を超えなければ、15万円を超えることはありません。)
  • * 電子定款認証のため、収入印紙代がかかりません。ご自身でされる場合は、収入印紙代4万円が必要となります。
  • * 「当事務所手数料」には交通費・通信費等は含まれておりません。(実費)
  • * 会社設立手続きをご自身でされる場合でも、当事務所に依頼された場合でも、個人の印鑑証明書取得料や会社代表印作成料、登記印紙代や謄本取得料、税務署等への各種届出などの費用が上記手続き費用以外に別途必要となりますのでご注意ください。

株式会社設立までの一般的な流れ

1 発起人の決定
* 発起人が会社設立に必要な事項(商号・本店所在地・事業目的・役員・資本金などを決定します。


2 会社代表者印の作成
* 会社の実印のようなものです。会社の設立登記をする際に必要です。
「銀行員」「角印」「ゴム印」も同時に作成しておくと、何かと便利です。


3 定款のの作成
* 会社の憲法と呼ばれる定款を作成します。定款は非常に重要で、一度認証されると原則として訂正は出来ません。


4 定款認証
* 定款は認証を受けて初めて法的な効果を持ちます。公証人役場で認証を受けます。


5 資本金の払込み
* 資本金を金融機関に払込みます。「預入」ではんく、「振込」にしましょう。 そうでなと、通帳に振込人の名前が記載されず、出資したことが証明されません。


6 設立登記申請賞の作成と申請
* 登記申請書、OCR用紙、登録免許税納付用台紙、印鑑届出書、就任承諾書、資本金計上証明書、取締役会議事録、取締役・監査役の調査書、委任状、が主な作成書類です。設立しようとする会社の形態等によっては不要なものもあります。
* 本店所在地を管轄する法務局へ登記申請します。


7 登記完了確認
* 登記を申請した日が会社設立の日となります。登記完了後、法務局へ行き、印鑑カードなどを受け取ります。


8 各種届出
* 税務署・社会保険事務所・労働基準監督署・ハローワークなどへ設立等の届出をします。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com